Menu

募集内容を確認する

面接

高望みはしない

新卒採用されれば問題ありませんが、中には在学中に就活がうまくいかない人もいます。ついに、就職先が決まらず、既卒となってしまうこともあるのです。そんな場合でももちろん就活はできます。ただし、大学からの支援を受けられなくなってしまうため、今度は自力で就職先を探さなくてはなりません。様々な求人サイトを参考にしてみましょう。また、募集内容をしっかり確認することも大切です。中には、既卒でも積極的に採用してくれる職場もあるからです。例えば、在学中に就職ができず、大学を卒業してから3ヵ月経ってしまったという人もいます。その間はアルバイトをしながら就活をしていたという場合、既卒から日があまり経っていないので第二新卒といった形で受け入れてくれる職場もあるのです。特に有利なのは有名大学を卒業している人です。多くの会社では、なるべく優秀な人材を得たいと思っています。有名大学を卒業しているというだけでも重宝されることはあるのです。大学を卒業してからも就職先が決まらないといって就活をあきらめることはありません。既卒でも採用してくれる企業を根気よく探してみましょう。ただし、高望みはしないことがポイントです。給料が高いところばかり狙っていると、どんどん就活が難しくなってしまいます。ある程度は妥協点を見つけておきましょう。それに、既卒からかなり期間が経ってしまうと、さらに就活が難しくなってしまいます。いくらアルバイトをしているといっても就活へのやる気が見られないと判断されてしまうこともあるからです。できるだけ早急に就活を再開しましょう。

Copyright© 2018 貿易事務の仕事に就こう|経験や資格が採用を勝ち取る鍵となる All Rights Reserved.